【お客様実例】玄関の片付け・収納整理


帰宅後ホッとできる&すっきり玄関にチェンジ



お客様プロフィール


住まい

東京都目黒区/戸建/3LDK/ 90平米

 

家族

4人家族(夫/妻/長女2歳/長男0歳)

 

お悩み

まだ歩けない息子を除いた、家族3人の靴が靴箱にはおさまらなくなってきて、玄関が散らかっているのが気になる。

また、玄関が散らかっていると、配達や近所の人が来た時に、内心恥ずかしい気持ちに。突然人が訪問しても恥ずかしくない玄関にしたい。


【お悩み1】靴やスリッパが散らかった玄関。来客の目が気になります

 

Mさん:「子供が幼稚園に上がると、子供の靴も増え始め、また私もこれまで履かなかったスニーカーを履くようになったりと、徐々に靴箱に家族全員の靴が入りきらなくなってきました。靴箱に入りきらないと、日頃履く靴は玄関土間に出たままになり、私が綺麗に並べては、子供がぐちゃぐちゃにしてしまうというサイクルの繰り返しでした」

 

ある日の玄関。普段使いの靴が整理整頓されて土間に並べられている。

 

そして別の日の玄関。玄関土間に出ている靴で子供が遊んだあと。

 

この片付けに疲れつつあるというMさん。

 

「タイミング悪く、靴が荒らされている時にご近所さんが訪ねてきたりして恥ずかしい思いをすることもあるんです」

 

 

そのほか、賑やかな玄関のイメージを生んでいるのが、玄関にあるコートかけとスリッパ。

白い壁に映えるカラフルなコートかけがとっても素敵ですが、あまりたくさんのモノをかけすぎると見た目にはごちゃごちゃしてしまいます。

 

家族の普段使いや来客用スリッパが整然と並べられていましたが、これも見た目という観点ではないほうがベター。


【お悩み2】靴が靴箱に入りきれず、キャパオーバー!

Mさん:「基本的には全ての靴は靴箱に収納しきってしまいたいんですが、靴が増えて入らなくなってきたんです。そうすると、仕方なく靴の上に靴を入れるようになり、気づくと常態化していました。

子供の教育上もよくないなと思い片付けなきゃと感じていたのですが、なかなかまとまった時間がとれず、困っていたんです」

 

 

「また、靴の空き箱や夫のスポーツ用品、子供の外遊びグッズなどは、上の棚に投げ込むように、ひとまず収納しているんですが、今にも落ちてきそうで、見た目も気になるし、ここもどうにかしたいと思っていました」

▲靴箱 最上部:靴の空き箱や夫の野球道具、昔のランニングシューズを収納

▲靴箱 左部分:折りたたみ傘や砂場遊びセット、レジャーシートなどが無造作にしまわれている


【POINT1】表にはモノを置かないのが、玄関の鉄則

 

玄関は、家族が帰宅して一番に目にする場所。そして、家族以外の人間も目にする場所。家族が家を出るときはしゃきっとした気持ちになり、一方、帰宅したときにはほっとできる場でありたいもの。また、来客の第一印象を決める場でもあるので、できるだけ玄関にはモノを置かないのが理想です。

 

その理想を実現すべく、靴は靴箱に収まるようにし、玄関の土間には今日使っている靴だけか出ている状態にしました。そして、「帰宅後は必ず靴箱に靴をしまう」ことをルールにして、朝は何もない、すっきりした土間になるようにしました。

▲整理収納後の土間。昼間は外出時に履く靴2足だけある状態に

 

また、同じくスリッパも靴箱の中に置き場を確保し、脱いで出かけるときはしまうをルールに。

▲大人しか履かないスリッパは靴箱の上部棚を定位置に

 

そして、玄関入って左手すぐにあるコートかけ。

 

こちらも、上着をかけるのに便利ではありますが、掛けすぎると乱雑な印象になってしまうので、必要最低限かつ見た目にも可愛らしい子供の上着2着だけに絞りました。

▲カラフルで見た目にも可愛い子供用上着はインテリア要素も!


【POINT2】靴箱にはオンシーズンで使うものだけを収納

家族全員のモノがしまわれているのが靴箱。一度、すべてのものを取り出し、持ち主ごとに分類。そして、使用頻度、使うシーズンでさらに分類しました。

そして限られた収納スペースを有効活用すべく、まずはオンシーズンで使うものを家族各自が取り出しやすく収納することに。

 

しばらく使っていないものは譲ったり処分したりし、オフシーズンの靴は箱にしまって靴箱上部やクローゼットに収納することにしました。

▲靴箱上部の棚にしまったオフシーズンの靴。見た目に配慮し、使う箱の色味や置き方にも一工夫

 

オンシーズンの靴は手が届きやすい高さを意識し、収納場所を決定。上段は最も背が高い旦那様の靴置き場に。中断は奥様、下段は子供の靴を収納することにしました。

▲上段:パパゾーン。通勤や毎日のランニングで使う“一軍“を出し入れしやすい下段に

▲中段:ママゾーン。バレエシューズやスニーカーといった種類ごとに分けて収納

▲下段:再下段はパパママ&ちびっこのブーツやレインブーツなど背が高めの靴置き場。その上が娘さんの靴と靴下置き場。靴下は無印良品のケースに入れて収納


【AFTER1】広々すっきり玄関に。 運気も気持ちも明るく

▲Before

▲After

重ねて収納されていた靴はなくなり、オンシーズンで使う家族の靴がすべてきれいに整って収納されました。また、家族各自の収納場所を決めたことで、それぞれが自分の靴をきちんとしまうという習慣も続きやすくなり、片付けやすい、散らかりにくい仕組みができました。

 

そうすると、靴箱にしまわず土間に出しっぱなしだった靴は、このように変化。

▲Before

▲After

Mさん:「玄関スペースが広く明るくなり、運気まで上がったようで本当に本当に嬉しい!突然、人が訪ねてきても恥ずかしくなくなりました。玄関にはできるだけモノを出さないというルールをこれからも守っていきたいです。

また、きれいな玄関だと、毎日出かける時、爽やかな気持ちになったり、帰宅したときにより温かくホッとした気持ちになると夫も喜んでいます」


【AFTER2】靴を一目で探せて、子供も出かける準備しやすく

 

使う人、使うシーンごとに収納場所を決めた靴箱。

各自の収納スペースの中でも、平日/休日など、使うシーンごとに収納スペースを分類することで、朝の靴選びがよりスムーズに。

▲旦那様の靴は、仕事用を下段、帰宅後の運動や休日用を上段に収納

 

Mさん:「下段に上の子の靴を収納するようにしたところ、娘が自分で靴を出したりしまったりするようになりました。これまで何度も『片付けなさい』と言っても聞かなかったんですが、今では自分で出し入れするのが嬉しいらしく、私もとっても助かっています。

 

また、ティッシュやハンカチ、虫除けスプレー、砂場遊びセットなど、靴以外で出かける際に必要な物もまとめて玄関に置くようにしたことで、忘れ物が減って、リビングに取りに戻る手間も省けるようになったのでとても楽です」 

▲不要な傘を処分しできたスペースに、砂場遊びセットをフックにかけ収納。汚れず出し入れしやすく

 

「今回、ちょっとした工夫で、家族が心地よく、そして暮らしやすくなることを実感しました。もっと家族が暮らしやすくなる家づくりを頑張りたいですね」


サービス内容


サービス時間

2時間(1名で作業)

 

総料金

10,620円

 ・サービス料金(交通費含む)10,620円

 ・収納グッズ/棚板などの実費 0円

  ※元々持っていたものを利用